静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

灯台協議会設立へ覚書 御前崎など全国4市

(2018/11/13 07:48)
覚書に調印する柳沢重夫市長(右から2人目)=10日、志摩市内(御前崎市提供)
覚書に調印する柳沢重夫市長(右から2人目)=10日、志摩市内(御前崎市提供)

 年間を通じて一般公開されている「参観灯台」が立地する御前崎市、三重県志摩市、千葉県銚子市、島根県出雲市は、10~11日に志摩市内で開かれた第1回灯台ワールドサミット(実行委員会など主催)で、観光振興の全国協議会を設立する覚書を取り交わした。
 覚書は、全国の自治体で構成する協議会を設けて灯台の積極的な観光活用を図るとともに、灯台の歴史的価値を次世代に引き継ぐ-との内容。柳沢重夫御前崎市長と3市の首長が調印し、相互の観光振興に向けた連携強化を確認した。
 4市の首長らは、地域産業論を専門とする渡辺明三重大名誉教授(牧之原市出身)をコーディネーターに、「灯台を使った地域活性化策」と題したパネル討論も行った。登って見学できる参観灯台そのものの魅力発信と併せ、それぞれのご当地グルメをPRしていく考えを共有した。
 協議会は志摩市の提案で設置。灯台が立地する全国の市町村に参画を呼び掛け、年1回のサミット開催を通じて親睦を深める。2020年の第3回サミット開催地は御前崎市内を予定する。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト