静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ラグビーW杯、エコパで観戦14% 静岡県調査、開催自体は浸透

(2018/11/6 07:23)
エコパスタジアムでラグビーワールドカップが開催されることを知っているか/エコパスタジアムで開催される試合をどのように観戦したいか
エコパスタジアムでラグビーワールドカップが開催されることを知っているか/エコパスタジアムで開催される試合をどのように観戦したいか

 2019年ラグビーワールドカップ(W杯)開催に向け、県が5日までにまとめた県政モニターへのアンケートで、試合がエコパスタジアム(袋井市)で行われることを知っている人は77%に上った一方、「競技場で観戦したい」と回答した人は14%にとどまった。県ラグビーワールドカップ2019推進課は「競技場で観戦したい人をもっと増やすようW杯の魅力発信に努めたい」と話した。
 大会のエコパ開催を知っている人の割合は16年に62%、17年に71%で、過去3年で最高だったが、試合観戦の意志がある人は16、17年の16%に比べて2ポイント低下した。
 どのように観戦したいか聞いたところ、競技場のほかは、自宅のテレビ、観戦予定なしがともに41%で最多だった。大会をエコパで観戦しない理由は、アクセスが不便が最も多く34%。チケットが高い21%、テレビなどで観戦する方が楽しい19%と続いた。
 大会期間中、駿府城公園(静岡市葵区)と浜松市ギャラリーモール(中区)にパブリックビューイングや飲食が楽しめるイベントスペース「ファンゾーン」が設置されることについても、知っているとしたのは15%。84%の人は知らないと答えた。
 アンケートは9月に、県が公募したモニター564人を対象にインターネットで実施した。回答率は91%。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト