静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

茶業振興条例、制定方針を発表 静岡県、5日から意見公募

(2018/11/3 07:32)

 静岡県は2日、緑茶への着味・着色を原則禁止した「県製茶指導取締条例」を廃止し、従来の添加物規制と茶業の振興施策を一体化した「県茶業振興条例」(仮称)を新たに制定する方針を正式発表した。5日から振興条例の骨子案と製茶条例廃止に関して県民の意見を聞くパブリックコメント(意見公募)を行う。
 県による「指導取り締まり」から、茶業者、茶業団体、行政などの役割、責務を明確にして「茶業振興」を一体的に推進する条例に衣替えする。静岡茶の評価、信頼の確保は「茶業者全てが取り組むべき事項」と明記し、現行条例のうま味や着色成分などの添加規制は新条例に残す。
 新たに打ち出した振興施策には、人材育成、茶園の整備・集積、輸出促進など8項目の基本施策を盛り込む。担い手の高齢化、消費者の生活様式といった環境変化に対応する。
 意見公募は26日まで。5日から、県ホームページで振興条例の骨子案などを公開する。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト