静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

台風農地被害「早急に支援」 農水副大臣が浜松など視察

(2018/10/19 07:46)
塩害に遭ったブロッコリー畑を視察する小里泰弘副大臣(左)=18日午後、浜松市南区
塩害に遭ったブロッコリー畑を視察する小里泰弘副大臣(左)=18日午後、浜松市南区

 小里泰弘農林水産副大臣は18日、台風24号による塩害などに見舞われた浜松市と愛知県豊橋市の農地を視察した。JAとぴあ浜松によると、被害額は管内だけで約23億円に上るとみられ、小里副大臣は早急に支援策を検討する考えを示した。
 浜松市南区では塩害に遭った農業法人アイファームのブロッコリー畑を視察した。同社によると、作付面積30ヘクタールのうち12ヘクタールで被害が出た。2日間停電し、塩を洗い流すための水をくみ上げるポンプが動かなかった。池谷伸二社長(41)は「収穫目前だったが、多くが枯れてしまった」と話した。
 小里副大臣は葉ネギ栽培の大橋農園(同市東区)にも足を運び、強風で屋根がつぶされたハウスを確認した。応急的な修理は済んでいるものの、骨組みは今も曲がったまま。大橋俊之代表(53)は「葉ネギも傷んで、本来の半分しか出荷できない」と窮状を訴えた。
 JAとぴあ浜松と県農政対策委員会は同日、被災農業者の緊急支援を求める要請書を小里副大臣に提出した。同JA経営管理委員会の鈴木和俊会長は「中小規模で高齢の農家が今回の被害を機に生産をやめてしまう心配がある」と深刻さを強調した。小里副大臣は「農作物の被害が今後さらに拡大する恐れがある。急いで対策をまとめたい」と述べた。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト