静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

浜松学園にICT科新設 障害者の就労支援、事務系求人へ対応

(2018/10/11 07:29)

 障害者の就労を支援する県立浜松学園(浜松市北区)は2019年度、情報通信技術(ICT)科を新設する。これまでは製造現場への就職を想定した訓練を中心としてきたが、近年はパソコン操作が必要な事務系職種の求人が増加。企業ニーズに対応した技能を身に付けさせることで、就労の選択肢を広げる。
 同学園では知的障害者が2年間、工賃を得ながら実践的な作業指導を受け、一般企業への就職を目指す。学科は現在、金属加工、組立加工1、同2、縫製農業の4科。ICT科は縫製・農業科をなくす代わりに設置。パソコン15台を購入し、データ入力や伝票整理など事務補助の技能を習得できるようにする。また、農業訓練は継続するという。
 これまでは県西部で盛んな製造業に就職しやすいよう金属加工や組立加工の専攻が主流だったが、ICTに関する技能を身に付ければ、就職先の選択の幅が広がる可能性は大きい。県障害者政策課の担当者は「数字の打ち込みなど繰り返しの作業が得意で、パソコン操作に向いている障害者も多い。仕事が多様化する中で新たな活躍の場を探すきっかけになれば」と期待する。
 同学園は19年度から指定管理制度を導入し、聖隷福祉事業団(浜松市中区)が運営管理者になる。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト