静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

東京五輪盛り上げへ政策論争期待 裾野市議選7日投開票

(2018/10/4 17:01)
五輪自転車競技ロードレースのコース
五輪自転車競技ロードレースのコース
五輪自転車競技ロードレースのコースでもある南富士エバーグリーンライン=9月、裾野市須山
五輪自転車競技ロードレースのコースでもある南富士エバーグリーンライン=9月、裾野市須山

 定数19に現職新人20人が立候補し、7日の投票日に向けて市議選が繰り広げられている裾野市は、新市議の任期中の2020年に市内がコースとなる東京五輪自転車競技のロードレースが行われる。市の魅力を世界に発信する好機だが、市内のムードはいまひとつ。市は五輪をどう成功させ、観光やまちづくりに結びつけるのか。五輪を軸にした政策論争のテーマは多い。
 8月9日に2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会が発表した五輪自転車競技ロードレースのコースで、県内は裾野など3市町を通ることになった。市内コースの最終地点は標高1400メートルで、競技コース中の最高地点でもある。市の担当者は「市内を走るサイクリストの数が増えている」と明かす。
 裾野を訪れる観光客は17年度約222万9千人で、毎年220万人台を推移。市は五輪を機に観光客増加を図りたい考えで、準備作業を進めている。
 ただ、コースの須山地区と市の中心部のJR裾野駅が10キロほど離れている「距離感」も背景に、市内全域で五輪への関心は高まっていない。ある経営者は「行政に、五輪をPRしようという姿勢が感じられない。そのせいか盛り上がりに欠け、五輪を認知していない市民も多いのでは」と不満を口にする。
 五輪の成功に加え、「五輪後」のまちづくりまで見通すと、市民が積極的に参画した協力体制の構築が不可欠で、市内全体でムードを高めていくことも課題として挙がる。有権者の男性は「それぞれの地区から支持を集めている議員が、住民を引っ張っていってほしい」と期待を寄せる。
 市内でホテルを営む男性は「議員が先頭に立って、五輪成功に向けて裾野を発信してほしい」と選挙後も視野に注文を付けた。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト