静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

静岡空港利用者、国内線最多更新 8月搭乗4万8499人

(2018/9/13 07:48)
8月の静岡空港利用状況
8月の静岡空港利用状況

 静岡県が12日発表した8月の静岡空港の利用状況によると、国内線の搭乗者数は4万8499人で前年同月に比べて15・4%増加した。28カ月連続で前年同月を上回り、2009年6月の開港以来、最多を記録した。国内線と国際線を合わせた搭乗者数は7万5202人。前年同月に比べ約4千人増え、8月としては15年に次いで2番目に多かった。国際線は台北線とソウル線が減便された影響で減少した。
 国内線は個人旅行や家族旅行など夏の旅行需要を着実に取り込んだ。1日4便の福岡線はビジネス、旅行需要とも好調で就航以来、最多を更新した。札幌地区路線も、北海道広域を周遊する企画型募集旅行や団体旅行が盛況で、搭乗者数は臨時便を含み1万4770人と就航以来最多となった。
 国際線は前年同月比8・6%減の2万6703人だったが、搭乗率は平均89・5%で開港以来最高を記録した。台北線とソウル線の減便に伴う提供座席数の減などで搭乗者は前年同月より2516人減った。
 台北線は前年同月は週4便だったが、週2便に減って搭乗者も約2400人減少した。ソウル線は8月下旬に、週6便から週3便になったが、ファミリー層を中心に訪韓需要が回復して約250人減にとどまった。
 中国路線は訪日客向け旅行商品が好調。特に杭州線は搭乗者数、搭乗率ともに就航以来の最高を更新した。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト