静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

夏休みLINE相談に延べ223人 静岡県

(2018/9/11 08:29)

 静岡県は自殺予防週間初日の10日、無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使って夏休みに初めて試みた若者の悩み相談の利用状況を公表した。8月下旬の10日間で延べ223人の利用があり、県の担当者は「多くの若者が悩んでいる実態が分かった。LINE相談の継続を考えたい」と話す。
 県によると、利用者からは「クラスになじめない」「友達がいなくてつらい」などの相談が寄せられた。県が若者向けに設置している電話相談窓口の2017年度の利用件数は902件で、LINEでは短期間でその2割強が集まった。利用者と相談員がやりとりした「会話」数は8276回に上った。
 夏休み明けに多い傾向がある若者の自殺を効果的に防ごうと、若者に身近なLINEを活用した。臨床心理士や精神保健福祉士らが相談員を務めた。
 一方、厚生労働省が同日公表した17年の人口動態統計(確定値)で、県内の自殺者は前年比14人減の588人だった。このうち0~19歳は前年比5人増の18人と過去5年で最多だった。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト