静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

スポーツ施設整備490万円 浜松市9月補正、聖地づくりを推進

(2018/9/6 17:00)

 浜松市は6日、2018年度の一般会計に36億8400千万円を追加する9月補正予算案を発表した。18年度の重点施策に掲げている「ビーチ・マリンスポーツの聖地」づくりの推進に向け、新たなスポーツ施設整備設計などに490万円を計上。日本水泳界の礎を築いた同市出身の田畑政治氏(1898~1984年)の顕彰事業などに3400万円を盛り込んだ。13日開会の市議会9月定例会に提出する。
 スポーツ施設整備は、南区の江之島水泳場敷地内の屋内プール跡地(約1500平方メートル)に計画。ビーチバレー、ビーチテニス場を整備して大会などを誘致し、誘客や移住促進につなげるのが狙い。市は19年夏の供用開始を目指している。
 田畑政治氏は、19年大河ドラマ「いだてん」の主人公の一人。1964年の東京五輪誘致に尽力したことでも知られる。市はビーチ・マリンスポーツの魅力発信拠点として再整備するJR浜松駅近くの旧出世の館(中区)内に、田畑氏の功績をPRするコーナーを設ける方針。
 このほか、小中学校などのブロック塀撤去、改修に3億7500万円、私立幼稚園での2歳児の定期的な預かり事業助成に2100万円を盛り込んだ。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト