静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

静岡県外進学後の就職促進 県、高校卒業時に「パスポート」

(2018/9/6 07:34)

 静岡県は5日までに、2019年春卒業の県内全ての高校生と高専生に、県外進学後のUターン就職促進や本県産業との接点の維持につなげる「ふじのくにパスポート」を配布する方針を固めた。記載されたQRコードを介して閲覧できる特設ホームページを通じ、本県の魅力ある企業や旬の情報を発信する。9月補正予算案に関連経費500万円を計上する。
 県教委と連携し、卒業予定の約3万2千人に、卒業式前後の配布を目指して準備する。県は人口減少や流出を背景に、産業人材を確保するためのUターン就職施策に力を入れている。一方、いったん県外に転出すると地元の情報や人との接点が途切れがちとなるため、本県に軸足を置く在学期間中のアプローチが重要と判断した。
 パスポートは名刺サイズ。ネットを通じて世界トップシェアの技術力を誇る企業や多様な業界で活躍する女性など、県内で働く魅力をアピールする。グルメや観光といった古里への愛着を高める情報も随時更新する。
 県は出身大学生のUターン就職率を、直近の39・1%(17年春)から22年春に43・0%に引き上げる目標を掲げる。「30歳になったら静岡県!」をキャッチフレーズに展開しているSNSを活用した社会人向けUIJターン施策とも連動させ、発信力を高める。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト