静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

新野球場予算12月議会にも 静岡県知事、浜松の予定地視察

(2018/8/29 07:45)
静岡県の担当者から予定地について説明を受ける川勝平太知事(左から2人目)=28日午後5時10分ごろ、浜松市西区篠原町
静岡県の担当者から予定地について説明を受ける川勝平太知事(左から2人目)=28日午後5時10分ごろ、浜松市西区篠原町

 川勝平太知事は28日、浜松市西区の遠州灘海浜公園篠原地区の新野球場建設予定地を視察し、早ければ県議会12月定例会に、施設の基本計画策定の経費を盛り込んだ補正予算案を提出する可能性を示唆した。知事は「これまでの遅れを挽回し、なるべく早く進めたい」と述べ、早期の策定に意欲を示した。
 浜松市議会の飯田末夫議長が同日午前、県庁を訪れ、篠原地区への県営野球場整備と基本計画の早期策定を知事に要望したことを受け、予定していた建設中の防潮堤視察に急きょ、野球場予定地の視察を加えた。
 知事は視察後、取材に対し、これまでの市議会の対応を批判しつつ「(新野球場は)人の命を守る施設。安全のため、にぎわいの空間を作るため、基本的な条件が整った」と指摘。大規模地震などに備え、沿岸部の来訪者の一時避難機能を備える意義をあらためて強調した。さらに予定地の印象を「海や水泳場も近い。野球場も一体で整備されればプロも注目する」と語った。
 基本計画策定については「12月議会に(関連予算を)上げるのが最も早いが、相当急がないと難しい」との認識を示した。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト