静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「地域の将来」市民が意見交換 9月から沼津

(2018/8/27 07:00)

 沼津市は9月から、住民主体で地域ごとの将来ビジョンを話し合う「ぬまづ地域デザインワークショップ」を開く。市内を6ブロックに分けて計3回開催し、頼重秀一市長との意見交換につなげる。
 18歳以上の市民を無作為抽出する形で選んだ約200人が参加し、2回のワークショップを通じて校区や地域ごとの特性を生かしたまちづくりを考える。11~12月に開く第3回は隣接地域との合同開催で、頼重市長が出席してワークショップで出た意見を発表する。
 市は2019年度から次期総合計画の策定に入る方針。市長戦略室の担当者は「17年度に実施した『市民まちづくり会議』から一歩踏み込み、地域ごとの市民の声を拾い上げる場としたい」と話している。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト