静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

静岡で蓮池薫さん講演「拉致解決の絶好機」

(2018/8/26 07:08)
講演する蓮池薫さん=25日午後、静岡市葵区
講演する蓮池薫さん=25日午後、静岡市葵区

 北朝鮮に拉致され、24年間現地での生活を強いられた蓮池薫さん(新潟産業大准教授)が25日、静岡市葵区で講演し、核・ミサイル問題を巡る米朝間の対話に関し「大きな流れとして非核化の方向へ進展すれば、拉致問題の解決につながる絶好のチャンスになるはず」と期待を示した。
 「夢と絆 翻弄(ほんろう)された運命の中で」をテーマに講話した蓮池さん。一緒に帰国した4人以外の拉致被害者の帰国が実現しない現状について、「とにかく一日でも早く帰ってきてもらい、夢と絆を取り戻させてあげたい。待っている家族にはもう時間がない」と強調した。
 中央大法学部3年の時に拉致された当時の心境を振り返り「人生、生きる夢、家族と全てを奪われ、言われるがままの悲しい生活を強いられた。『大学にリポートを提出するため(日本に)帰らないと』と彼らに言ったら冷笑された。何で俺がという思いだった」と話した。
 「日本に生存を伝えるチャンスは何回かあった」と具体的な状況を紹介する一方、「北朝鮮で一緒に住む家族が制裁を受けるので、結局何もできなかった」などと語った。
 講演会は中央大卒業生でつくる白門会県中部支部が主催した。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト