静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「こども県議会」中学生8人登壇 川勝知事や県幹部に提言 静岡

(2018/8/22 08:18)
中学生が知事や県幹部に提言や意見を述べた「こども県議会」=21日午後、県議会本会議場
中学生が知事や県幹部に提言や意見を述べた「こども県議会」=21日午後、県議会本会議場

 静岡県内の中学2年生が川勝平太知事や県幹部に県政への提言や意見を述べる「こども県議会」が21日、県議会本会議場で開かれた。県内全35市町から67人が参加した。議員役の生徒8人が登壇し、静岡茶のPR方法や障害者に配慮した学校運営などについて当局の姿勢をただした。
 浜松開誠館中の谷口竜平さんは「静岡茶の良さを世界にもっと広めよう」と県産茶の振興を取り上げた。川勝知事は、農薬使用への反応が敏感な欧州などの例を挙げながら、静岡茶を流通させるため「それぞれの相手国の事情に応じた形で、お茶の文化を広げていくことが大事。世界に静岡の茶をアピールしたい」と答弁した。
 森町立泉陽中の渡辺有梨さんは、災害への備えとして危機意識を高める取り組みが不可欠だと指摘。「予告なしの訓練を提案したい。小中高で系統立てた防災訓練の展開も必要」と強調した。
 県立沼津聴覚特別支援学校の市沢綺音さんは「障害がある人の存在を知ってもらい、健常者とのコミュニケーションが当たり前にできる社会になってほしい」と要望した。
 議長は吉田中の中村音花さん、副議長は熱海市立泉中の高坂漣(れん)さんが務めた。浜松市立可美中の竹山美優さんが、防災意識を高めることなど5項目を盛り込んだ「こども県議会宣言」を読み上げ、全会一致で採択した。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト