静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

熱海港の復旧「急ぐ」 移動知事室で視察

(2018/8/7 07:56)
台風12号の被害について斉藤栄市長(手前右から2人目)から説明を受ける川勝平太知事(右)=6日午前、熱海市の熱海港
台風12号の被害について斉藤栄市長(手前右から2人目)から説明を受ける川勝平太知事(右)=6日午前、熱海市の熱海港

 川勝平太静岡県知事は6日、政策課題や県政に対する要望を現場で確認する移動知事室の一環で、台風12号の被害を受けた熱海市の熱海港を視察した。高波の影響で一部が破損した護岸などは県として原因を調査し、復旧や安全性強化に向けて対応を急ぐ考えを示した。
 熱海港では斉藤栄市長や県、市の職員から港の護岸や防波堤、市浄水管理センター、初島第1漁港、民間施設などの被害状況、仮復旧に向けた対応について説明を受けた。
 川勝知事は、行楽シーズンへの影響を最小限に抑えようと、早期復旧に取り組んでいる関係者の努力を評価した。県が管理する施設の破損については「破壊の原因と耐えられる力の関係を調べ、それに応じた形で復旧したい」と述べた。
 移動知事室ではこのほか、全国高校総体の自転車競技が行われている伊豆市の日本競輪学校、高校生ホテルの運営に取り組む熱海市の県立熱海高を訪ね、伊東市の地域活性化団体「伊東お菓子ぃ共和国」のメンバーらと懇談した。
 7日は伊豆市内を回り、地域住民と意見交換などを行う。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト