静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

フェリー存続、改めて強調 静岡県東部で移動知事室

(2018/8/6 17:00)
駿河湾フェリーから降船する川勝平太知事=6日午前、伊豆市の土肥港
駿河湾フェリーから降船する川勝平太知事=6日午前、伊豆市の土肥港

 川勝平太知事は6日、2019年3月末で撤退が決まっている駿河湾フェリーについて、「県として“撤退”という選択肢はない。事業を継続していきたい」との考えを改めて示した。県の対応策を検討するプロジェクトチーム(PT)を中心に運航の主体や形式について協議し、9月末までに結論を出す方針。
 同日朝、現場を巡る「移動知事室」に合わせて、清水港(静岡市清水区)から駿河湾フェリーで訪れた土肥港(伊豆市)で取材に応じた。知事は海上から眺める三保の松原や富士山の景観は素晴らしいと評価。「存続に向けてPR活動などに取り組んでいきたい」と明言した。PTが中心となり、試算分析などを進めているという。
 移動知事室は7日まで。初日は、全国高校総体自転車競技が開催されている伊豆市の日本競輪学校や、先月の台風12号で大きな被害を受けた熱海市の熱海港などを視察する。伊豆、熱海、伊東の3市内計10カ所を訪れる予定。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト