静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

新東名、静岡県内6車線化 物流の基軸強化へ国交省方針

(2018/8/3 07:08)
整備計画変更(6車線化)区間
整備計画変更(6車線化)区間

 国土交通省は2日までに、新東名高速道の御殿場ジャンクション(JCT)-浜松いなさJCT間の145キロについて、将来の自動運転への対応も踏まえ、現在暫定4車線になっている整備計画を6車線(片側3車線)に変更する方針を固めた。事業主体の中日本高速道路に対して、近く6車線化の事業許可をする見通し。関係者への取材で分かった。
 新東名は計画当初、6車線での供用を想定していたが、事業費圧縮などを理由に6車線の道路幅を確保しながら一部区間を暫定4車線に見直した経緯がある。現状は4車線と6車線の区間が混在している。
 静岡県内区間145キロのうち、6車線で運用されているのは55キロ。同省は、残る区間の6車線化の事業費を約900億円と見込む。ほぼ全線で6車線に対応した構造物が整備されているため大規模な工事は伴わず、ラバーポールの撤去や一部のり面の切り土、舗装の変更などで対応できるという。
 同省は東京、名古屋、大阪の3大都市を結ぶ新東名と新名神高速道を「物流の基軸」と位置付け、機能強化を目指している。県内では東名高速道が高波や地震による災害リスクがあることなどから、他県区間に先行して6車線化を進める方針。
 車線増は、自動運転の一形態である「トラック隊列走行」の実現も視野に入れ、安全性の向上や交通事故のリスク低減、物流の効率化につなげる。
 同省は整備計画の変更を社会資本整備審議会に諮問している。2日に開かれた同審議会の部会では委員から異議が出ず、審議会本体が計画変更を「妥当」と答申することが決定的となった。今後、中日本高速道路が同省に6車線化への事業変更を申請する見通し。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト