静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

市長ネット対談、交流促進を確認 袋井と米・ヒルズボロ

(2018/7/30 08:51)
インターネット電話を通じてキャラウェイ市長と対談する原田市長ら袋井市関係者(手前)=同市愛野南
インターネット電話を通じてキャラウェイ市長と対談する原田市長ら袋井市関係者(手前)=同市愛野南

 袋井市と米国ヒルズボロ市との姉妹都市提携30周年記念式典が29日、袋井市内で開かれた。両市長がインターネット電話を通じて対談した。
 ヒルズボロのスティーブ・キャラウェイ市長と原田英之市長は互いに交流の歴史を振り返り、市民間の交流をさらに促進する方針を確認した。両市長は実際の面会に向けても意欲を示した。
 ヒルズボロ市は米国西海岸のオレゴン州に位置する。これまでにこの日も来訪した「ふくろい未来大使」のシンガー・ソングライターのニコラス・エドワーズさんら、千人以上の両市民が互いに訪れるなどして交流。
 市によると、ヒルズボロでは提携25周年で植えたサクラの植樹場所で4月に記念イベントがあり、11月には日本文化を紹介する行事も予定されているという。
 袋井国際交流協会の創立35周年記念も兼ねて開催した。大谷純應副会長は6月に逝去した下山好治前会長の言葉を引用し、「国に関係無く袋井市民として幸せに生きられる社会を作っていこう」と呼び掛けた。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト