静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「課題共有、市政に反映」 焼津市が座談会スタート

(2018/7/8 07:48)
市政座談会の参加者に行政課題を説明する中野市長=焼津市の東益津公民館
市政座談会の参加者に行政課題を説明する中野市長=焼津市の東益津公民館

 焼津市は7日、2018年度の市政座談会「ティー・ミーティング」を同市の東益津公民館でスタートさせた。中野弘道市長ら市幹部が19年3月まで約60回にわたり、自治会や教育・産業団体の関係者とまちづくりについて意見交換する。
 初回は東益津地区の自治会役員11人と中野市長、半田充副市長が議論した。中野市長は「地域の問題点を共有し、市政に反映させていく」とあいさつ。その上で、人口減少、少子化対策や地場産業の支援について実施している施策を具体的に説明した。
 自治会側からは漁業振興のさらなる推進や道路補修への対応、高草山の農作物の鳥獣被害対策などについて意見、要望が挙がった。
 中野市長は13~17年度の5年間で約170回のティー・ミーティングを開催している。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト