静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

富沢―南部開通は2019年夏 中部横断道、工事難航で延期

(2018/7/6 07:48)
中部横断自動車道の開通見通し
中部横断自動車道の開通見通し

 国土交通省と中日本高速道路は5日、中部横断自動車道連絡調整会議を山梨県庁で開いた。国交省などは、同自動車道の新清水ジャンクション(JCT)-増穂インターチェンジ(IC)間のうち山梨県内の富沢IC-南部IC間(6・7キロ)の開通が、従来の2018年度中から19年夏ごろに遅れる見通しになったと、静岡、山梨両県や沿線の自治体に報告した。
 静岡県によると、この区間に5本あるトンネルの工事が難航しているのが原因。新清水JCT-富沢IC間(20・7キロ)は予定通り18年度中に開通する見通し。全線開通は「トンネルの進捗(しんちょく)が順調な場合」とした上で、現時点ではこれまで通りの19年度中に変更はないとした。
 富沢IC-南部IC間の開通遅れを受け、川勝平太知事は「延期は残念。国に19年度内の全線開通を山梨県や沿線市町と連携し、働き掛ける」とのコメント。田辺信宏静岡市長もコメントで「本年度開通予定の新清水JCT-富沢IC間でも、着実な事業推進が図られるように求めたい」とした。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト