静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

焼津・黒潮温泉、新源泉井戸掘削へ 市長方針「2年以内」

(2018/6/8 08:03)

 焼津市の中野弘道市長は7日の定例記者会見で、やいづ黒潮温泉の源泉井戸が故障し、市内の宿泊施設などへの温泉供給が停止している事態を受け、2年以内をめどに新しい源泉井戸を掘削、稼働させる方針を明らかにした。
 ホテル、旅館や日帰り入浴施設など市内8カ所に温泉を供給している高草1号井が故障し、5月14日から供給を停止している。故障原因は現在調査中。中野市長は同源泉が稼働から37年経過していることを踏まえ、「仮に復旧しても、この井戸だけで運営していくのは考えにくい。温泉を持続的に供給できる体制を構築したい」と話し、復旧の可否に関わらず新たな井戸を掘削する考えを示した。
 開会中の市議会6月定例会に掘削場所の調査費を追加計上する。これまでの泉脈調査で、すでに複数の候補地が挙がっていて、具体的に調べるという。
 市は黒潮温泉の供給再開までの代替措置として熱海温泉水をタンクローリーで各施設に運搬し、民間施設の温泉営業は順次再開している。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト