静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

清水港に補助1億円配分 国交省、クルーズ受け入れ施設整備

(2018/5/29 07:35)

 国土交通省は28日までに、海外からのクルーズ船の受け入れに対応した港湾の施設整備を補助する2018年度の「国際クルーズ旅客受け入れ機能高度化事業」に、清水港(静岡市清水区)を含む全国20港を採択した。清水港に関しては国から事業主体の静岡県に補助金1億円が配分される。
 国交省から「官民連携による国際クルーズ拠点」に選定された清水港の日の出埠頭(ふとう)では、県とクルーズ船運営会社「ゲンティン香港」が貨物用の上屋をクルーズ用の旅客ターミナル施設に改修する作業を進めている。18年度は3億円かけて上屋3棟が対象で撤去、耐震補強、外壁補修を行う。
 「高度化事業」は屋根付き通路などの整備費の3分の1を国が補助する制度。国交省は18年度、総額7億円の予算を計上していた。
 県港湾振興課は「事業は順調に進んでおり、今回の国交省からの補助金配分でさらに弾みがつく。日の出埠頭の活性化のために活用したい」とコメントした。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト