静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

太陽光発電、収益性実証へ 静岡県と民間で事業始動

(2018/5/19 07:52)

 静岡県は17日、太陽光発電設備の下で農業を行う営農型太陽光発電の高収益農業実証コンソーシアムの初会合を県庁で開いた。
 農作物の収量や品質への影響、収益性などを官民が連携して検証する。生産者は農業を行いながら、売電などによる収益を得る仕組み。
 会合には茶、果樹の研究機関や民間の設備事業者、学識経験者らが出席し、事業計画の内容やスケジュールについて議論した。営農型太陽光発電に適するとされる茶、ブルーベリー、キウイフルーツの3品目を、県立農林大学校(磐田市)や生産者の農地で栽培して2019年度まで検証を行う。
 国に事業申請を行い、早ければ6月にも試験を開始する予定。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト