静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

4月のクルーズ船清水寄港、最多 静岡空港搭乗者数も

(2018/5/15 07:35)
4月の静岡空港利用状況
4月の静岡空港利用状況

 国と県は14日までに、それぞれ4月の清水港へのクルーズ船寄港数と静岡空港の利用状況を発表した。クルーズ船の寄港と空港を利用した搭乗者の数はいずれも4月単月としては過去最多を記録し、アジアからの訪日需要拡大を背景にした好調ぶりが際立った。
 国土交通省中部地方整備局港湾空港部のまとめによると、4月の清水港へのクルーズ船寄港数は10回。月当たりでこれまで最多だった2017年9月と11月の6回を上回り、単月では初めて2桁を記録した。
 また、同港は17年の年間寄港数も38回と過去最多を記録した。同港が17年に国交省の国際旅客船拠点形成港湾の指定を受け、クルーズ船会社と連携したことが寄港数を大幅に増やす要因になった。
 県の計画では、年間の寄港数を20年までに90回、30年には175回に増やす目標を掲げる。18年中に予定されている寄港は40回程度といい、1~4月の寄港は15回となった。
 県港湾振興課によると、4月は海外からの花見目当ての客が多く、例年、クルーズ船の寄港が多い上、アジア地域のクルーズ船市場の拡大が追い風になっている。同課はさらに「地元の温かいもてなしも寄港を増やしている要因の一つ」と分析している。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト