静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

地方創生へ自治体連携 南伊豆など全国9区市町村

(2018/5/12 07:40)
南伊豆町と東京都杉並区が、全国初の連携事業として開設した特別養護老人ホームを視察する関係者=同町
南伊豆町と東京都杉並区が、全国初の連携事業として開設した特別養護老人ホームを視察する関係者=同町

 南伊豆町を含む全国9区市町村による「地方創生・交流自治体連携フォーラム」が11日、同町で始まった。本格的な人口減少社会を迎える中、12日まで伊豆半島最南端の同町を視察し、都道府県の枠を超えた広域自治体間連携や地方創生の在り方を探る。
 東京都杉並区を中心とした連携事業で5回目。2015年度から持ち回りで開催し、同町が会場になるのは初めて。9自治体の首長と職員約50人が参加した。
 初日は同町と杉並区が3月に開設した特別養護老人ホームを訪問した。入所の順番を待つ「待機者」解消が課題の都市部の高齢者を、過疎化に直面する地方で受け入れる全国初の取り組み。運営する梓友会(下田市)の川島優幸理事長は介護の人材確保が難しくなる中、「情報通信技術(ICT)やロボットを導入し、海外の学生受け入れも検討している」と紹介した。
 世界認定された伊豆半島ジオパークのジオサイトも見学。同町と福島県南相馬市、同市と山梨県忍野村はそれぞれ災害時相互援助協定を締結した。杉並区と地方の各自治体との連携を縁に、地方同士の横の結びつきも強化するという。
 12日は休暇村南伊豆で、「次世代を見据えた自治体連携の深化」をテーマに首長討議を行う。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト