静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

19年春の大型観光企画へ 静岡県内9コースの魅力PR

(2018/5/11 07:35)
静岡DCのモデルコース概要
静岡DCのモデルコース概要

 2019年春に静岡県内全域で展開される大型観光誘客企画「静岡デスティネーションキャンペーン(DC)」に向け、県内の自治体や民間団体、JR各社などでつくる協議会(会長・川勝平太知事)は15~17日、大手旅行会社の担当者800人を本県に迎え、旅行商品づくりの素材となる観光資源を紹介する。県内五つの地域部会ごとにPRするとともに、計9種のモデルコースを案内する。県が10日に概要を発表した。
 地域部会は「伊豆」「富士山」「するが」「中東遠」「浜松・浜名湖」。15日に静岡市駿河区のグランシップで開かれる静岡DCの全国宣伝販売促進会議で、パワースポットや歴史文化、自然体験の場、食といった各地域の魅力を旅行会社側に売り込む。
 モデルコースへの案内は16、17日に、日帰りまたは1泊2日の行程で実施する。主なコースは、JR東日本の特別列車「伊豆クレイル」などで巡る伊豆東海岸の「車窓旅」▽国宝・久能山東照宮(静岡市駿河区)や大井川鉄道のSL工場などを見学する「するが春爛漫(らんまん)」▽湖上でインスタグラム撮影などを楽しむ浜名湖物語など。
 県観光振興課は「県内の観光資源をPRして旅行商品づくりを促し、DC本番の観光誘客を図りたい」としている。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト