静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

市立大視野に議論開始 静岡市、識者検討会設置へ

(2018/5/9 07:27)

 静岡市が市立大学の設立を視野に、高等教育の在り方について議論を開始することが8日、関係者への取材で分かった。有識者による検討会を設置し、市に求められる高等教育機関の理念を年度内にまとめる。21日に市内で初会合を開く。
 市立大学構想は2015年の9月市議会で田辺信宏市長が表明した。同年10月に人口減少対策としてまとめた総合戦略には「市立大学の設置可能性も含めて高等教育のあり方を検討する」と明記。市内高校生へのアンケートや経済界が求める人材像などの基礎調査を経て、今回、初めて公の場で議論を始めることにした。
 検討会の代表者には、元牧之原市長の西原茂樹氏が就任する。委員は坂本光司元法政大大学院教授、中西勝則静岡銀行会長ら市内外の教育関係者や企業経営者など幅広い分野から選出した。21日の初会合では、委員が一人ずつ、高等教育についての考えをプレゼンテーション形式で発表し、今後の議論のたたき台をつくる。
 市は大学以外にも、専門学校や生涯学習教育機関などの選択肢を検討する方針。検討会では18年度中に、若者の学びの選択肢を拡大することや、地元企業が必要とする人材の育成などに向けた理念を定める。規模や立地などの具体的な議論は、19年度以降に行うことにしている。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト