静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

韓国・友好都市と交流深化 富士宮市

(2018/5/6 07:50)
高麗人参の加工品を前に会談する須藤市長(右)とパク団長(左から2人目)=富士宮市役所
高麗人参の加工品を前に会談する須藤市長(右)とパク団長(左から2人目)=富士宮市役所

 富士宮市の友好交流関係都市、韓国栄州(ヨンジュ)市の産業交流訪問団が6日まで、市内を訪れている。一行は韓国でのヒノキ材需要の高まりを受け、地元ブランド「富士ヒノキ」の生産現場を視察。ふるさと納税でも産業交流を深めることで一致した。
 訪問団は、パク・ジェチャン都市課長を団長とする民間林業会社関係者を含めた9人。4日夕には市役所で須藤秀忠市長らと面会した。栄州市の特産品の一つ、高麗人参の加工品を富士宮市のふるさと納税の返礼品に活用することを正式に決めた。2017年5月に富士宮市で開かれた5年に一度の祭典「富士宮商工フェア」で栄州市が特産品のブースを出展したのを機に、約1年をかけて産業分野での連携策を模索してきた。
 一行は5日、市内の日本建築専門学校や休暇施設「ふもとっぱら」などを視察。原木の加工技術や生育現場を見て回った。両市は12年に友好提携を結び、中学生の相互派遣などを通じた交流を続けている。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト