静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

静岡空港搭乗者67万人 国内線、全路線で最高記録

(2018/4/13 07:17)
2017年度の静岡空港利用状況
2017年度の静岡空港利用状況

 静岡県が12日に発表した静岡空港の2017年度の利用状況によると、国内線と国際線を合わせた搭乗者数は16年度に比べて5万8685人(9・6%)増加し、67万46人だった。開港以来最多となった15年度の69万8652人に次いで過去2番目。国内線の搭乗者数は全路線で過去最高を記録したが、国際線は中国路線の利用者が減少し、県が目標とする年間70万人には届かなかった。
 国内線の搭乗者数は前年度比12・1%増の37万5322人。札幌地区路線はフジドリームエアラインズ(FDA)が夏ダイヤで新千歳線を丘珠線に統合して毎日運航したことから搭乗者数が伸長。福岡線はビジネス利用のほか、長崎への企画募集型旅行が好調を維持。沖縄線は早期割引が好調で全体需要の底上げに貢献した。
 国際線は前年度比6・6%増の29万4724人。中国路線は県と浙江省の友好提携35周年を銘打った旅行商品が好調で、杭州路線は過去最高を記録したが、路線減の影響で合計の搭乗者数は減少した。ソウル線は増便効果で前年度から約3万人の大幅増となった。
 県空港利用促進課は年間搭乗者数70万人の達成に向けて既存路線の維持、拡大と新規路線の誘致を図る。新規就航した出雲線は観光など多様な交流を促し、年間搭乗率65%、搭乗者数4万人の実現を目指す。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト