静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

JFAアカデミー福島、静岡県内継続支援 帰還で川勝知事意向

(2018/4/11 07:47)

 日本サッカー協会が、2011年の東日本大震災後に御殿場市と裾野市で活動している中高一貫のエリート選手育成機関「JFAアカデミー福島」の活動拠点を21年度から段階的に福島県に戻す方針を固めたことを巡り、川勝平太知事は10日の定例記者会見で「福島が本拠地になると思うが、(静岡県内にも)残す方向で汗をかきたい」との意向を示した。アカデミーが21年度以降も県内で活動を継続できるよう支援する考えを強調した。
 日本サッカー協会の田嶋幸三会長が5日に県庁を訪れ、深い謝意を示した上で福島県へのアカデミー帰還を川勝知事に伝達した。川勝知事によると、田嶋会長はその際、「望む人たちだけを戻したい」と述べ、「JFAアカデミー静岡」として静岡県内でも活動を継続したい意向を表明したという。
 ただ、運営には年間2億円以上の費用がかかるとの話もあったとし、川勝知事は「県や市の援助も必要になる」と費用面を負担する可能性に言及。「議会とも相談して関係者全ての同意の下、どのような環境づくりができるかという観点でやっていきたい」と述べた。
 県などの関係者によると、日本サッカー協会は男子選手を21年度から段階的に、女子選手は24年度に福島県に戻す方針という。12日にも決定し、発表する見通し。アカデミーの選手は現在126人(男子89人、女子37人)。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト