静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

静岡県「部分休業」を拡充 仕事と子育ての両立支援

(2018/3/9 07:18)

 静岡県は4月から、子を持つ職員が取得できる「部分休業」の制度を拡充する。現行では対象となる子を小学校就学前までとしているが、小学1~3年も新たに適用対象とする。子に障害がある場合は18歳まで取得できる。小学校入学を機に子の預け場所がなくなるいわゆる「小1の壁」が課題とされる中、部分休業の拡充を通して職員の仕事と子育ての両立支援を図る。
 県は関連条例の改正案を開会中の県議会2月定例会に提出し、7、8日の総務委員会で審査された。16日の最終本会議で可決される見通し。該当の職員は4月以降、申請すれば勤務時間の始めか終わりに1日2時間以内の休業を取得できる。
 現行の部分休業は2017年度、これまでに180人が利用し、朝夕の子どもの世話や保育園などへの送迎時間などに活用されている。制度拡充は職員からの要望も多く、県人事課は「柔軟な働き方を可能にし、職員の働きがいを高めていきたい」と狙いを話した。
 類似の制度は広島県など6県が導入している。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト