静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

小中14校改修費に3億3900万円 浜松市2月補正予算案

(2018/2/13 17:19)

 浜松市は13日、2018年度当初予算案とともに17年度2月補正予算案を発表した。一般会計には20億4千万円を追加した。国の補正予算に対応し、公共建築物の長寿命化事業に3億3900万円を計上したほか、学校建設に7億7500万円、農業経営体の育成・確保に向けた補助事業に1億7600万円などを盛り込んだ。
 公共建築物の長寿命化は、外壁や屋根の劣化が進み、建物構造への悪影響が懸念されている市立中郡小や浜北北部中など14校が対象。国の学校施設環境改善交付金と市債を充てて前倒しする。
 学校建設は新築移転する浜名中の解体工事に3億500万円、改築中の江西中の解体、外構工事に2億3100万円、北浜中の校舎改造工事に2億3900万円を計上。このほか、障害者施設に非常通報装置や防犯カメラなどを設置する安全対策費用の助成に1400万円を盛った。
 市は市議会2月定例会に職員退職手当基金条例の廃止案も提出する。大量退職期が過ぎ今後基金を活用する見込みがないため、基金残高5億9800万円を一般会計に繰り入れる。市は昨年12月、社会情勢の変化などから財源として十分活用されていない基金を見直す指針を示していた。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト