静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

沼津市長、給与30%減へ 供花問題受け措置

(2018/2/2 17:15)

 沼津市は大沼明穂市長の給与を3~5月の3カ月間、30%減とする市長給与特例条例改正案を9日開会の市議会2月定例会に提案する。大沼市長が公職選挙法で禁じられている選挙区内での葬儀に供花していたことへの措置。2日の市議会の議会運営委員会で市当局が説明した。
 市長の本来の給与は月額100万5千円だが、公約により就任から2年間、給与を半減中。自身の政治資金パーティーで市の封筒に後援会チラシが同封されるなど公私混同の行動があったとして、ことし1~3月の給与をさらに10%減としているため、3月の給与は全体で90%減の10万500円となる。
 大沼市長は1月、就任後に市内で行われた通夜・葬儀3件に私費で供花し、手配を市職員に指示していたと明らかにしていた。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト