静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

浜松新球場 市議会判断待ち予算化 市長、建設進める議論期待

(2017/12/28 07:56)

 浜松市の鈴木康友市長は27日の定例記者会見で、県の新野球場整備構想について「まずは議会でさらに一歩踏み出した結論を出してほしい」と述べ、当面は遠州灘海浜公園篠原地区(同市西区)への建設に対する市議会の判断を待つ姿勢を示した。その上で「間に合えば新年度当初予算案に(関連費を)盛り込みたい」と述べた。
 鈴木市長は、市議会大型スポーツ調査特別委員会が1日に「篠原地区への建設は可能」とする市の判断を了承したことに関して「一歩進んだという認識は持っている」と評価した。今後は議会側が篠原地区への建設に向けてさらに進んだ方向性を打ち出すことに期待を寄せ、「それによってわれわれが一歩踏み出せる」と述べた。
 川勝平太知事は18日の定例記者会見で、現時点で県の2018年度当初予算案に関連費用を計上しない考えを表明。市議会特別委の議論が篠原地区への建設を認めるまでの結論には至らなかったとし、「浜松の動きを見守る以外にない」と述べていた。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト