静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

大型観光誘客のロゴ発表 静岡県キャンペーン、学生がデザイン

(2017/12/28 07:58)
静岡デスティネーションキャンペーンのロゴマークを披露する関係者=27日正午ごろ、静岡市葵区
静岡デスティネーションキャンペーンのロゴマークを披露する関係者=27日正午ごろ、静岡市葵区

 静岡県内の自治体、観光協会、民間事業者などでつくる県大型観光キャンペーン推進協議会は27日、本県を舞台にJRグループと共同展開する2019年4~6月の大型観光誘客企画「静岡デスティネーションキャンペーン(DC)」のロゴマークを発表した。世界遺産富士山がモチーフで、静岡文化芸術大デザイン学部の学生9人が制作に携わった。
 ロゴは富士山中腹から腕が伸び、宝永山を力こぶに見立ててポーズを決めているデザイン。静岡DCのキャッチフレーズ「アッパレ しずおか元気旅」を添えた。PRポスターや観光誘客の販促グッズなどに幅広く活用する。
 静岡市葵区で開かれたロゴ発表会で、協議会長の川勝平太知事、副会長の豊岡武士三島市長と斉藤薫遠州鉄道社長らが披露し、情報発信と観光誘客への機運を高めた。ロゴの原案を手掛けた2年の中沢有紀乃さんは「観光客と迎え入れる地域の双方が元気になれば」と期待を込めた。
 静岡DCの開催は00年以来、19年ぶり3回目。富士山や静岡茶、浜名湖といった地域資源を体感できる着地型観光商品を用意し、国内外の観光客誘致と地域経済活性化を図る。18年4~6月に「プレDC」、20年4~6月には「アフターDC」を予定している。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト