静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「コンベヤー整備」 佐久間ダム堆砂で国交省 牧野副大臣答弁

(2017/12/8 07:26)

 牧野京夫国土交通副大臣(参院静岡選挙区)は7日の参院国交委員会で、浜松市天竜区の佐久間ダムにたまった土砂を下流に流す天竜川ダム再編事業について「(土砂を)ベルトコンベヤーでダムの下まで運ぶ堆砂対策施設を整備する」との方針を示した。運んだ土砂をダムの放流で流し、天竜川での土砂移動の連続性を確保する。無所属の平山佐知子氏(同)への答弁。
 国交省は天竜川の別のダムで講じたバイパス方式を検討していたが、山田邦博水管理・国土保全局長は「(佐久間ダムは)粘土質の土砂が多いため、ベルトコンベヤーの方が確実性、継続性で優位」と説明した。
 国交省は洪水被害防止のため、佐久間ダムの土砂を下流に流す事業を検討しているが、難航している。平山氏は「構想が発表され16年経過した。スピード感をもって進めてほしい」と求めた。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト