静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

観光誘客へ連携 浜松で「湖サミット」

(2017/12/8 07:28)

 浜名湖と世界的に有名な中国浙江省杭州市の西湖、台湾の日月潭(にちげつたん)の交流促進を図る「湖サミット2017浜名湖」が7日、浜松市西区舘山寺町の湖畔のホテルで開かれ、3地域の関係者が連携を深めて交流人口の拡大を目指す考えで一致した。今後、具体的な共同事業を検討し、3湖の魅力を世界に向けて発信していく。
 サミットは基調講演と三つのパネル討論を通じ、湖の魅力を生かした観光誘客について議論した。美しい風景、サイクリング、遊覧船など観光資源の共通項を挙げ、文化、歴史、食など異なる特徴も紹介しながら、連携策や課題を探った。
 浜松市の鈴木康友市長は、遊覧船共通パスポート券の発行やサイクリングの3湖周遊イベントを提案し、「共同のウェブサイトを作るのも面白い」と述べた。杭州市旅行社行業協会(中国)の安紅華会長は青少年のサマーキャンプ、日月潭がある南投県観光産業連盟協会(台湾)の楊樹煌秘書長は水上スポーツ大会の共同開催を呼び掛けた。
 基調講演したインバウンド(訪日旅行)ビジネス会社「やまとごころ」の村山慶輔社長は、「連携」と「共創」をキーワードに挙げ、3湖一体となった湖観光のマーケット開拓を推奨した。
 浜松市は2012年に西湖がある中国・杭州市と友好都市協定を締結。16年には浜名湖と日月潭の関係者が友好交流協定を結んだことから、初めて湖サミットを開催した。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト