静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

知事、リニア工事契約「遺憾」 流量減少「誠意ある対応を」

(2017/11/16 07:56)

 JR東海がリニア中央新幹線の南アルプストンネル本線工事(静岡工区)について施工業者と工事契約を結んだと公表したことを受け、川勝平太知事は15日、「大井川の流量減少や自然環境の保全などの課題への対応が明確になっていない中での契約は遺憾。今後もJR東海の誠意ある対応を求める」とのコメントを出した。
 コメントでは「今回の契約で直ちに工事に着手するのではなく、施工会社を決め、工事による影響を最小限に抑えるためJR東海として環境保全対策などを進めていくと理解している」との受け止めも示した。
 知事は10月の定例記者会見で、リニア中央新幹線計画に伴う大井川の流量減少対策を明記した下流利水者との基本協定が未締結であることに触れた上で、「静岡県にはリニアのメリットがない」などと批判を展開。これに対し、JR東海の柘植康英社長は11月の記者会見で「リニア建設による東海道新幹線の停車増などで大都市との距離が縮まれば、静岡県の価値は上がる」などと反論していた。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト