静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

街頭で舌戦、熱帯びる 河津町長解職問う住民投票

(2017/10/6 08:00)

 河津町の複合施設建設計画を巡り、相馬宏行町長の解職請求(リコール)の賛否を問う住民投票が8日に実施される。投票日が間近に迫り、相馬町長と請求者の住民グループは連日、街頭演説に繰り出して舌戦を展開している。
 相馬町長は3日から公務を休み、計画に賛成する町議とともに、町内全域を巡回している。5日も14カ所でマイクを握り、「町の財政や予算運営に影響はない。借金ではなく、人材や新しい文化、災害避難場所などの財産が残ると考えてほしい」と呼び掛けた。
 解職請求者の稲葉誠次さんは9月30日から1人で街頭演説を始め、3日からは住民グループのメンバーと一緒に繁華街に立っている。5日も「町民負担の大きい事業が理解を得ないまま進もうとしている。既存施設の有効活用など検討するべきだ」と強調した。
 町の計画によると、施設には子育て支援センターや文化ホールなどが入り、津波避難場所としての防災機能を併せ持つ。住民投票で有効票の過半数が解職に賛成すれば、町長は失職し、50日以内に町長選が行われる。

静岡政治の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト