静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

静岡市がテレワーク実験、適地検証へ 庁舎内にオフィス開設

(2017/9/8 08:21)
サテライトオフィスで仕事するネットワンシステムズの社員=7日午後、静岡市役所静岡庁舎
サテライトオフィスで仕事するネットワンシステムズの社員=7日午後、静岡市役所静岡庁舎

 静岡市は7日、場所や時間の制約を受けずに柔軟な働き方ができる「テレワーク」の実証実験を開始した。東京のIT企業、ネットワンシステムズが市役所静岡庁舎内にサテライトオフィスを開設。27日までの3週間、テレワークの適地としての優位性を検証する。
 市はテレワークを促進することで、首都圏企業勤務者の移住につなげていく考え。自治体などにテレワークのノウハウ提供の実績があるネットワンシステムズと8月に協定を結び、合同で実証実験を行うことになった。
 4人の社員が登庁し、サテライトオフィスの開設作業を行った。社員らは市の人口減少対策推進本部会議にも出席し、東京本社と静岡庁舎を結ぶテレビ会議システムを実演した。
 期間中、45人の社員がサテライトオフィスで働く。営業や管理部門など部署はさまざまで、本社の遠隔地で働いても支障がないか検証する。滞在は一人1~7日間。週末は市内の子育て施設を利用したり、イベントに参加したりして市の住みやすさを体感する。
 市企画課の担当者は「テレワークの利用で、東京で働きながら静岡に住むモデルを作りたい」と話し、他の企業にも実証実験の実施を働き掛けるとした。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト