静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「お試し住宅」で移住後押し 静岡県内市町、古民家など活用

(2017/6/6 17:35)
移住の「お試し住宅」開設の準備を進める静岡市の職員=5月下旬、同市清水区(市提供)
移住の「お試し住宅」開設の準備を進める静岡市の職員=5月下旬、同市清水区(市提供)

 静岡県内市町が、移住希望者に地元での生活を体験してもらう施設を整備する動きが広がっている。空き家や公営住宅の空室を活用し、手頃な利用料で数日から1カ月間程度まで暮らせる「お試し住宅」として用意するケースが多い。県移住相談センター(東京・有楽町)の橋本真理子相談員は「地域の魅力を知る体験以外にも、住まいや仕事探しなどの移住準備に生かされている」と説明する。
 「お試し住宅が後押しになった」。下平秋夫さん(54)は1月、東京から東伊豆町に移住し、パン屋を開業した。35年間勤めた印刷会社を早期退職し、地方で店を開こうと検討する中で、2016年9月に同町の移住体験施設に10日間滞在。「とても良くしてくれた」という町民との“近所付き合い”が、移住の決め手の一つになった。滞在中に店舗の物件も見つけた。
 同町は同年6月に古民家を改修した体験施設を開設し、1日千円で貸し出している。17年4月末までに延べ18組34人が利用した。認知度も高まり「3カ月先まで予約が埋まっている」(企画調整課)という。

静岡政治の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト