静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

アカマツの自生促進へ本腰 浜松・県立森林公園

(2017/5/15 17:30)
草地でアカマツの苗を確認する県職員ら=5月中旬、浜松市浜北区の県立森林公園
草地でアカマツの苗を確認する県職員ら=5月中旬、浜松市浜北区の県立森林公園
県立森林公園で松枯れしたアカマツの本数の推移
県立森林公園で松枯れしたアカマツの本数の推移

 静岡県内で唯一アカマツの群落がありながら、松枯れが進む浜松市浜北区の県立森林公園で、従来の保全だけでなく、アカマツの再生に向けた取り組みが進み始めた。県は技術開発などの具体的な計画を8月に策定する。指定管理者「フォレメンテあかまつ」(同区)は本年度、自生を促進する活動に乗り出す。
 5月中旬、県職員ら8人が草地化した園内の斜面で、自生するアカマツの苗の生育状況を確認した。これが計画策定に向けた最初の調査。草地は枯れたアカマツを切り倒して駆除した場所だった。県森林・林業研究センターが2015年に新たに設定した試験地で、苗は同センター関係者が17年2月に観察した際の高さ数センチから、約10センチに成長していた。
 県環境ふれあい課や西部農林事務所、同センターなどは調査を重ね、アカマツ林を復活させる技術や、県民参加型の森づくりの計画を立てる。同課の河合征彦課長(57)は「魅力ある森林を未来に継承する」と意気込む。

静岡政治の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト