静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

静岡市議選59氏届け出 定数48

(2017/3/17 12:14)

 任期満了に伴う静岡市議選が17日、告示され、26日の投開票に向け、9日間の選挙戦に入った。定数は前回と同じ48。午前11時までに葵区(定数17)21人、駿河区(同14)18人、清水区(同17)20人の計59人が立候補を届け出た。
 人口減少が続き、70万人割れが目前に迫っている政令市の活性化策が最大の争点。各候補者は、子育て支援や防災対策、中山間地振興などさまざまな政策を訴える。2013年の前回選で45・65%(3区合計)と過去最低を記録した投票率も焦点になる。
 立候補者の新旧別は現職38人、元職1人、新人20人。性別は男性54人、女性5人。党派別では自民17、公明6、共産5、諸派2、無所属29。無所属のうち8人が自民推薦、2人が民進推薦を受けている。
 16日現在の選挙人名簿登録者数は、葵区21万5958人、駿河区17万6108人、清水区20万4846人。
 26日深夜に大勢が判明する見込み。

 ■葵区 17―21
杉本  護 59 共新 党静岡地区役員
鈴木 和彦 71 自現 党市議団会長
井上 恒弥 70 自現 工作機械販売業
福地  健 40 自現 社会福祉法人理事
桜井 圭祐 37 無新 元県職員 
山本 彰彦 52 公現 党県本部団体渉外局長
長島  強 43 公新 党県本部青年局次長
片山富士男 60 無新 行政書士 
繁田 和三 64 自現 党市議団副会長
鈴木 節子 62 共現 市平和委員会理事
安竹 信男 70 無現 石油販売業
平島 政二 57 無現 行政書士 
工藤 公彦 63 自現 一級建築士事務所長
丹沢 卓久 46 自現 社会福祉士
白鳥  実 61 無現 室内装備畳組合顧問
尾崎 行雄 55 無新 石油・ガス販売業
斎藤 佳代 33 無新 企画交流事業会社役員
中山 道晴 67 無現 安東地区社協顧問
石上顕太郎 68 自現 元中小企業団体会職員
松谷  清 65 諸現 福島子供支援基金代表
尾崎 剛司 40 無現 社会福祉法人理事

静岡政治の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト