静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

保育士処遇、改善まだまだ 静岡県が独自モデル案

(2017/3/16 09:22)
保育士のキャリアアップモデルのイメージ
保育士のキャリアアップモデルのイメージ

 保育士の処遇改善を目的に、静岡県が2016年末から17年初めにかけて県内全ての認可保育所と認定こども園を対象に行った実態調査で、経験や技能に応じて処遇を向上させるキャリアアップの仕組みがない施設は68・5%、現在の賃金を低いと感じている保育士は76%に上ることが分かった。保育士不足に「常に・一時的に困っている」と答えた施設が94・8%に達したことも踏まえ、県は人材の確保と定着に向けた独自のキャリアアップモデル案を作成。15日、保育所経営者らに提示した。
 保育士の処遇改善について、国は4月から民間保育士を対象に給与の改善に乗り出す。園長、主任保育士の下に、実務経験3年以上の「職務分野別リーダー」、7年以上の「副主任または専門リーダー」という新たな役職を設定。指定の研修を受けると認定され、月額で3年以上は5千円、7年以上は4万円が給与に上乗せされることになる。

静岡政治の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト