静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

新教育大綱を協議事項に 17年度の静岡県総合会議

(2017/3/14 08:39)

 川勝平太知事と静岡県教育委員による県総合教育会議が13日、県庁で開かれ、2018年度からの新たな教育大綱と県教育振興基本計画の策定などを17年度の協議事項にすると決めた。これまでの協議で実現した取り組みの効果を検証し、今後の施策展開に生かす必要があるとの認識でも一致した。
 新教育大綱と基本計画は、現大綱・計画をベースに17年度いっぱいをかけて教育理念や施策の基本方針を定める方向。川勝知事は「新総合計画の策定の進捗(しんちょく)も見ながら、1年かけて教育大綱をつくりたい。事業の検証も進めなければならない」と述べた。
 このほか、▽社会総がかりで行う「新しい実学」の奨励▽子どもたちが文化・芸術・スポーツに触れる機会の創出▽「有徳の人」づくりに向けた就学前教育の充実―も協議事項にしていくことを確認した。
 教育委員からは「主権者教育や特別支援教育についても子どもの権利を考える観点から議論したい」といった提起や、「貧困やいじめ、不登校といった問題も取り上げるべき」との指摘もあり、川勝知事はこうしたテーマも包含しながら協議を進めたいとの意向を示した。
 知事の諮問会議「地域自立のための『人づくり・学校づくり』実践委員会」の矢野弘典委員長も出席し、「生涯教育の充実を図り、年齢を重ねても勉強を続ける気風を育てることが大切」などと訴えた。

静岡政治の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト