静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

インターンシップ条件に留学支援 静岡、産学官連携事業

(2017/3/11 11:03)
採択状を受ける吉林章仁副知事(中)と鬼頭宏副理事長(右)=10日午前、県庁
採択状を受ける吉林章仁副知事(中)と鬼頭宏副理事長(右)=10日午前、県庁

 静岡県と公益社団法人「ふじのくに地域・大学コンソーシアム」は2017年度、海外留学と地元企業でのインターンシップを組み合わせた産学官連携の留学支援プログラム「ふじのくにグローバル人材育成事業」を始める。文部科学省の官民協働留学促進事業に採択され、10日、県庁で採択状授与式が開かれた。
 事業は、ものづくりや観光振興など三つのコースを設定し、県内企業への就職や地域活性に意欲のある大学生や大学院生、高専生を計5~10人程度募集する。県内企業からの寄付金と国、県の補助金を基に奨学金(月12万~16万円)や渡航費(10万~20万円)などを給付する。
 学生は「静岡と世界をつなぐ」をテーマに海外で学びたいことなどの課題を設定。2年未満の期間で留学し、帰国後は必ず、県内企業でインターンシップに臨む。一連の経験で得た成果を報告会で発表する。寄付金は約90社、インターンシップは約50社の県内企業が協力する。
 3月下旬から学生を募集し、5月以降、協力企業や大学の関係者らが選考を行う。
 授与式では、吉林章仁副知事とコンソーシアムの鬼頭宏副理事長が文科省の担当者から採択状を受け取った。吉林副知事は「(県内から海外への)留学生数の目標は、県の総合戦略で2019年度に750人。実現のために必要な事業であり、多くの学生に世界に飛び立ってほしい」と期待した。

静岡政治の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト