静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「ぺるりん」助成削減 下田市長「不快感」公言のゆるキャラ

(2017/2/24 07:50)
下田商議所青年部のゆるキャラ「ぺるりん」。下田市の補助金が削減されることになった=同市内
下田商議所青年部のゆるキャラ「ぺるりん」。下田市の補助金が削減されることになった=同市内

 下田市は2017年度、下田商工会議所青年部のゆるキャラ「ぺるりん」への補助金を17・2%削減する。市は17年度予算案で観光振興を重点施策に掲げるが、福井祐輔市長が「不快感」を公言するぺるりんは削減の対象になった。
 ぺるりんは15年5月から、観光イベントを中心に活躍している。非公認キャラだが、市は広告宣伝キャラクター費として、15年度は150万円、16年度は145万円を補助した。17年度予算案では120万円に減額。下田商議所は17年度予算編成への要望書の中で、ぺるりんに160万円の補助金を求めていた。市産業振興課は「削減は事業を見直した結果」と説明する。
 下田商議所によると、補助金はクリアファイルやシールなどPR商品の製作、クリーニング代、旅費に活用している。活動費の大半を補助金で賄っているため、「自主運営に向け、16年度から会員企業に応援基金への協力を呼び掛け始めた」という。
 ぺるりんはペンギンの妖精で、幕末に黒船を率いて下田に来航したペリー提督と同じ米国ニューポート市生まれという架空の設定。16年7月に就任した福井市長は「外国の偉人に対して失礼」と主張し、自身が出席する行事への参加を見合わせるよう下田商議所に要請している。

静岡政治の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト