静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

伊豆、五輪経費238億円 大会組織委試算

(2017/2/22 17:15)

 2020年東京五輪・パラリンピックの費用負担問題で、大会組織委員会が都外11会場の仮設工事費と輸送、警備などの運営費を合わせた開催経費の総額を約1626億円と試算していることが22日、分かった。
 会場ごとの経費では、サッカー1次リーグ会場となるひとめぼれスタジアム宮城が122億円、札幌ドームが118億9千万円、埼玉スタジアムが156億2千万円、横浜市の日産スタジアムが163億1千万円。
 自転車会場となる伊豆市の伊豆ベロドロームと伊豆マウンテンバイクコースが計238億6千万円。レスリングなど3競技を実施する千葉市の幕張メッセは217億9千万円となっている。追加種目の野球・ソフトボールとサーフィン会場は含まれていない。
 開催経費の総額から仮設の費用を除いた運営費は約1188億円に上る。ただ、運営費の多くは具体的な計画が固まっていない。過去の大会の例などを基に算出した数字で、大きく変動する可能性がある。自治体と組織委、東京都、国の負担割合も焦点となりそうだ。
 都、組織委、国、自治体の4者は1月下旬から費用負担に関する協議を開始した。

静岡政治の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト