静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

静岡県、パラ選手強化費増額 助成対象拡大、五輪と同等

(2017/2/2 07:42)

 2020年の東京パラリンピック競技の強化を目的に、県は1日までに、各競技団体の指定強化選手らを対象に、オリンピック選手と同額の大学生以上120万円、高校生以下60万円を助成する方針を固めた。2017年度当初予算案に関連経費約2400万円を盛り込む。従来より最大で100万円以上増額され、アスリートとして健常者と同等の支援が受けられるようになる。
 助成の対象となるのは遠征や用具購入、トレーナー雇用などにかかる経費。従来は用途を遠征費に限定した上、年間で国際大会は10万円、国内大会は3万円までしか助成されなかった。
 16年8月のリオデジャネイロパラリンピックには県内選手12人が出場し、日本のメダル24個のうち7個を獲得した。12人はリオパラ五輪後、県の「障害者スポーツ応援隊」の隊員に就任し、県内各地で講演会や実技指導に取り組んでいる。
 県は競技環境を整えて選手たちの活躍に応えるとともに、障害者スポーツの裾野拡大にもつなげたいと考えている。

静岡政治の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト