静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「犬を飼って」の巻/子育てコラムあすなろ

(2017/2/13 14:00)

 昨夏、チワワを飼い始めました。偶然訪ねたホームセンターのペットショップでたたき売り状態になっており、ケージに寄る大人や子どもにぶるぶる震えていた姿があんまりかわいそうで、我が家に迎えました。
 たまに行く実家の家族は「また面倒くさそうなことを」とあきれていましたが、いざ飼うとものすごいかわいがりようです。
 若かりし日、帽子を食いちぎった当時の飼い犬をペンチでたたいた祖父でさえ、今は私たち親子と犬が来る日を心待ちにしています。祖母は物言えぬ犬のそぶりから「のどが渇いたようだ」などと推察し、かいがいしく世話をしています。2人とも生き生きとして、見ていてうれしいです。
 でもたまに、もし私たちが迎えなければ、「うちの子」はどうなっていただろうと思うことがあります。迎えようか迷っていた絶妙なタイミングで、店から「他店に来たお客様から見学の予約が入りました」という電話がありました。
 ほぼ成犬になるまで店にいたような犬にそう頻繁に予約が入ると思えず、揺さぶり商法を疑いました。でも一方で、「この子を送り出さねば」という店員の愛情ベースの必死さも感じました。
 チワワと同時期に〝たたき売り〟されていた成犬の狆は、次に私たちが訪ねた時、姿がありませんでした。その後も必要なものを買うために何度か店を訪ねましたが、ウインドーにいる顔ぶれはほぼ同じ。かわいい子犬でさえ、そう簡単には売れません。あの狆が、うちの子のように、どこかのお宅で楽しく過ごしていればいいなと切実に思います。
 新しい「家族」との縁をくれたお店には、本当に感謝しています。しかし必ずしも需要と供給の数が完全一致しない、こういう売り方の難しさを感じずにはいられません。

(のびのび)

子育てコラム「あすなろ」(796) 「犬を飼って」の巻

あすなろの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト